池袋の沖縄展

池袋の沖縄展に行ってきました。
色々と興味深いものは多かったのですが、その中から2点ほど紹介を。

ブルース、というお菓子です……スポンジ的なものを想像してもらうとよいか、と。
どうも、割とレアもののお菓子らしく……確かに、沖縄展はそこそこ行っているつもりですが、見たのは二回だけ(ちなみに前回も買いました(笑))。

しっとりふわっとした食感で、甘さはかなり抑えめ。「これはうまいぞ~~!!」ってより、もうちょっと穏やかに美味しい感じですね。

落ち着いたおいしさなので、どちらかというと「後を引く」感じでしょうか。
多分また、次も見かけたら買うんだろうなぁ(笑

もう一つ、これは割としょっちゅういただいてる、もずく。
もずキムさん( https://mozukimu.com/ )というところのもずくです。
ちなみに、これは1kgです(笑

うちではほぼ定番。冷凍が出来るので、小分けにして冷凍して、食べるときは味噌汁ですね。

あと、ここで「あおさのり」も(乾物で)あつかってるのですが(それもあと2~3袋あったなぁおうちに)。
あおさのり+もずく+めんつゆ で汁物を頂いたのですが、これがまたなかなかに美味でした。

海藻、体にもよいですしねぇ。

泡盛とかも色々面白そうなのがあったのですが、今回はあっさり目に。

低糖質チョコケーキ

そのまま食べるには、ちょいと甘さが控えめかなぁ。
「アイスとか生クリームとかかけて食べる」か、もうちょっと甘味を強めにするか。

材料
・おからパウダー:30g
・純ココア:40g
・ラカント:40g
・ベーキングパウダー:5g
・卵:2個
・牛乳:100ml
・バター:40g
・ラム酒その他香り付けのお酒:大さじ1
・くるみ:適量(20g前後くらい)

レシピ
・材料一通りまぜる
・180度のオーブンで35分

一晩くらい寝かせると、落ち着きます。
焼いた直後は、結構、ぱさぱさw

イベント情報

2019/8/29~2019/9/11
秋の大北海道展 京王百貨店 新宿店
https://www.keionet.com/info/shinjuku/event/hokkaido_1808/

2019/8/28~2019/9/2
小田急うまいものめぐり
http://www.odakyu-dept.co.jp/shinjuku/event/index.html

2019/9/4~2019/9/9
伊勢丹 新宿店 京都展

2019/9/18~2019/9/23
伊勢丹 新宿店 イタリア展 Part1

伊勢丹府中店 イタリア展

ふらりと行ってきましたイタリア展。

ラ・ベットラ・ダ・オチアイさんのパスタから。
落ち着いた、よいお味でございました。ミートソース(っつかボロネーゼ)、思ったほど塩味が強くなく、ほどよい感じでした。
うにのパスタは「しっかりとした塩味」で、そちらも好み。

んでまぁ、いくつかお買い物

まずはベーシックな甘味、ティラミスとパンナコッタ。
マウロ・モランディン/MauroMorandin さん、というお店です……元々はパネットーネのお店みたいですねぇ。

ティラミスは、クラシックを頂いた事もあって大変にベーシックなお味でした。個人的にはもうちょっと、アルコールと苦みがあってもよかったかなぁ?

パンナコッタはカラメルの苦みが大変によろしい感じでした。

お次はマロングラッセ。 Raffaelさん。
外側がお砂糖じゃりじゃりではないのが大変に好み。甘みは強いのですが栗の風味もしっかり残っていて、大変によろしい感じでございました。

今回の興味深い問題作(笑)、とうがらしのコンフィチュール。……初めて聞いたぞ。
味見させていただいたのですが、確かに「甘くて辛い」ので、肉料理とかに合いそう。
こちらも実はティラミス/パンナコッタと同じ マウロ・モランディン/MauroMorandin さん。
パネットーネは「夏場は汗かくからカビとかが怖くて持ってこれないんですよねぇ」というお話が印象的でした……今度、どこかで見つけたら買ってレポートせねば(笑

ホットケーキ

大体、100gで二人分、くらいになりますが。粉の糖質が63gなので、二人で割って32g弱。これに、うちだと「全卵2つ+牛乳80ml」なので、牛乳の糖質が4g弱なので二人で割って2g弱。
合わせても34gくらいなので、一食の糖質としてはまぁ許容範囲内かなぁ、と。

スイーツ粉というだけあって、けっこうがっつりと甘いです(笑
もう一種類「もう少し甘くない」のもあるのですが、うちはこっちのほうが味的に好みだったので、これにたっぷりのマーガリンで食べる事が多いですねぇ。

加えて、もうちょっと「スイーツ」にしたかったら、これ。

糖質はとても少ないのですが、これも風味がよく、甘くなるので、大変に美味でございました。
……ただ、このシロップ、生産完了してしまったみたいなんですよね orz

変な雑味とかも(個人的には)なく、割と色々使えるかなぁ、と思っていたので、ちょっと残念ではございます。

ただ、これを扱ってる SARAYAさん( https://shop.saraya.com/smile/locabo/ )は他にも色々と低糖質なものを扱ってるので。
味的にいくつかの商品で信頼があるので、他もまた、折を見て試してみようかなぁ、と。

基本の甘味料

言わずと知れた……なんですかねぇ?
ラカントS。糖質制限をするのであれば知っておいて損はない、便利で美味しい甘味料です。
基本的に「砂糖と同じ量を同じように」使えるので、レシピで砂糖の代わりをするのが容易です。

特に断りがなければ、このブログでもこのラカントSを基本の甘味料として使っていきます。

イベント情報

激辛グルメ祭り2019

2019/8/7~2019/9/18
大久保の「歌舞伎町大久保公園特設会場」で開かれます。
https://www.gekikara-gourmet.com/
https://www.enjoytokyo.jp/amuse/event/1096878/

大つけ麺博2019

2019/10/3~2019/11/4
大久保の「歌舞伎町大久保公園特設会場」で開かれます。
https://dai-tsukemen-haku.com/
https://www.enjoytokyo.jp/amuse/event/1097063/

福島の桃メニューフェア

2019/7/31~2019/8/13
新宿タカシマヤで開かれます。
https://www.takashimaya.co.jp/shinjuku/peachfair/index.html

摂取のグラム数を計算してみる

低糖質周りのお話を色々と展開していくので。
前提として「どれくらいまで落としていいか?」ってあたりを少し考えて見ましょう。

これに近しい文脈でよく出てくるのが、いわゆる「三大栄養素」の摂取比率なのですが…正直、あちこちでお話がとっても混乱していて、とってもまいっちんぐ。
出てくる話としては…

・三大栄養素の比を糖質60%、蛋白質15~20%、脂肪20~25%
・炭水化物55~65%、たんぱく質15~20%、脂質20~25%
・糖質約57%、脂質約25%、蛋白質18%
・エネルギー比で40~50%を炭水化物
・欧米諸国が提案している糖尿病治療食のエネルギー比率(45~65%)
・炭水化物50~70%未満、脂肪エネルギー20~25%未満、蛋白質60g

などなど。エビデンスもないし、話が混乱することおびただしいったらありゃしない。
あちこちで「断片的に」話が出てくるので、ちと、計算をして、数を通してみませう。

とりあえず「体重65kgの成人男性、目標摂取カロリーが1800kcal」と仮定。

一つ割とよく出てくるのが「蛋白質の量」。
色々とぶれるのですが、大体「体重のkg*1.0~1.2」g程度、って話が多いので。一端、1.1gでカウントをしてみます(除脂肪体重1kgあたり2g程度、って話しも多いのですが、とりあえず計算と話の展開が簡単なほうで簡易的に)。
そうすると「71.5g」の蛋白質が欲しい感じ。ちなみにこれをカロリーにすると286kcalになります…15.89%程度。

ある程度の(さほど激しいってわけでもない)運動前提で、筋肥大を多少考える場合「1.5g」って話もあります
そうすると「97.5g」で「390kcal」、21.67%。

一端80gって仮定してみましょう。
そうすると
・体重1kg当たり1.23g
・320kcal
・17.8%
って感じなので、まぁ書いてあるあちこちのお話と「さほど矛盾がない」ような気がするので。

次に見えてくるのが「炭水化物量」。正直、おいちゃんは「幾分、低糖質」に寄せた発想をしているので、一端50%で想定してみましょう。
そうすると「900kcal」を炭水化物で摂取する必要があるので、グラム数にして225。

最後に、脂質。
残ったカロリーが580kcalなので、グラム数に直して64g。
油脂は大体大さじ1が12g程度なので、大さじだと5.3。まぁ食品にもあちこち油脂があるので、実際、ンなに使えるわけじゃないんだけどね。

要約すると
・炭水化物225g(900kcal)、蛋白質80g(320kcal)、脂肪64g(580kcal)

って感じで、比率としては

・炭水化物50%、蛋白質17.8%、油脂32.22%

こんな感じ。
油脂の比率が微妙にでかい気もするんだけど、低糖質系のを見ていると、油脂の比率が40とか50とか、なかなか派手な数値も見受けられるので。
一端はこんな感じかなぁ、っと。

余談。
ちなみに油脂は特に、当然ながら「摂取する質をがっつりと吟味する」のが基本です。
…とはいえ「基本がオリーブオイル、一部、品質の良いごま油」なおいちゃん家では、その辺はあんまり困ってなかったりするのですが(笑
お肉に多い「飽和脂肪酸」は控えめにしましょう。

ここをベースに。

「極端な」糖質制限だと、1日で50g以内、とかありますが、この辺になると危険性の指摘があったりして、ちょっと玉石混交な感じがして不安が大きいので。
いわゆる「緩やかな糖質制限」と呼ばれる、「1日に130g以内」を想定して、計算をしなおしてみましょう。

まず炭水化物が固定で130gになるので、カロリーにして520kcal。
蛋白質は同じ分量で想定して80g、320kcal。
残りが脂肪になるので。「1800kcal – (520kcal + 320kcal)」で、960kcal、なので106.7g。

比率としては
炭水化物28.9%、蛋白質17.8%、脂肪53.3%。

脂肪に大きく傾いている感じではあるのですが。
HbA1cがそこそこヤバ目な数値以降で(目安は6.5~くらい?)、治療目的であるのであれば、チャレンジしてみてもよいのではないかなぁ、と思います。

ただ、逆に言うと「それでもそこまで目くじら立てて糖質制限をしている」わけではないです(うちの場合)。

なので、ものすごく大雑把に
・1食あたり30~40g程度の糖質
・10gくらいの間食を1~3回
くらいで進めていくと、比較的ストレスが軽減できる感じがあるので。

このサイトの「低糖質」系の紹介も、ある程度、比較的、上述が目安になっているかなぁ、と思います。

パンの残りでパンプディング

パンは糖質がありますが、甘味料がラカンカなので、そこそこ控え目な糖質かと思います。
お好みで、小さじ1程度の蜂蜜を加えても美味しいものです。

卵液

・卵2個
・牛乳130ml
・ラカンカ大さじ2弱

作り方

・卵液を混ぜて深い目のお皿に入れる
・パン(2枚分くらい)を適当に、キッチンばさみで切りながら入れる
・レンジ600wで2分(1分40秒くらいで良いかも)、チン
・軽く混ぜる
・トースターで7分程度

食べるときに、マーガリンとかメープルシロップとかで味を軽く足して食べます。